このページの本文へ移動

取組事例集

テーマ別環境学習講座(平成30年度第2回)『大人のための水素エネルギー教室』

実施日平成30年9月28日(金) 14時00分 から 17時00分まで

場所水素情報館「東京スイソミル」

主催者主催:東京都環境局/実施:公益財団法人東京都環境公社

参加者54名

内容

1.開会あいさつ

2.講義
 ◆基調講演「水素エネルギーが地球温暖化を止める」
   (講師)首都大学東京 学長補佐 都市環境学部 環境応用化学科 川上 浩良教授
       (水素エネルギー社会構築推進研究センター 副センター長)
   (内容概略)・ゼロエミッションへの革新的アプローチとしての水素、CCS(CO2の回収・貯留)
        ・地域の再生可能エネルギーを活用する取組としての水素利用 など
  ◆水素社会に向けた民間企業の取組紹介
  ○「水素社会の実現に向けた取組」
   (講師)本田技研工業株式会社 ビジネス開発統括部 エネルギービジネス開発部  エネルギーマネジメント課 主任 笹木 英二氏
   (内容概略)・水素をつかう燃料電池自動車「クラリティ フューエル セル」、水素をつくる「スマート水素ステーション」、水素とつながる「外部給電器」の紹介
    ○「水素エネルギーを活用した燃料電池の取組」
  (講師)(公財)パナソニック株式会社 アプライアンス社  スマートエネルギーシステム事業部 経営企画部  水素事業推進課 課長 河村 典彦氏
   (内容概略)・家庭用燃料電池「エネファーム」、純水素燃料電池、東京2020大会の選手村跡地での燃料電池導入などの紹介

3.実験・見学
   ◆スイソミルスタッフMr.SEKINEによる「水素エネルギー科学実験」
    ・水素のシャボン玉で、水素の特性を分かりやすく伝える実験を実施。
    ・燃料電池自動車からの給電で入れたコーヒーを飲みながら科学実験を楽しんでいただきました。
   ◆「東京都・東京都環境公社の水素エネルギー普及啓発の取組」
    (講師)東京都環境公社 総務部 経営企画課 佐藤宣行
    (内容概略)・水素ステーションや東京スイソミル、Tokyoスイソ推進チームなどの取組紹介
   ◆東京スイソミルガイドツアー
    ・2班に分かれ、東京スイソミルスタッフの説明を聞きながら館内見学。

本講座の前半では、専門家の基調講演や企業の取組紹介を通して、未来のエネルギーとして期待される水素エネルギーの現状や今後の展開について考えていただきました。 後半は、燃料電池自動車からの給電で入れたコーヒーを片手に、水素シャボン玉の科学実験をご覧いただいた後、水素エネルギーの普及啓発施設「東京スイソミル」のガイドツアーで、水素エネルギーの可能性を感じていただきました。 御参加いただいた皆様、ありがとうございました。

ページトップ