「環境問題」選んでわかる !

問2
東京都(本土部)の生きもののうち絶滅の危険性がある生きものは1,500種以上である。

東京都(本土部では、絶滅の危険性がある生きもの(「希少種」といいます。)として1,577種が指定されています。(詳しくは「レッドデータブック東京」HPへ。)
この中には例えば、メダカやアマガエル(二ホンアマガエル)、トカゲ(ニホントカゲ)など、昔は私たちの身の回りにいたものも含まれているのです。
こうした身近にいた生きものが、どうして希少種となってしまったか、この機会にぜひ考えてみましょう。

次の問題へ

ページトップ