「環境問題」選んでわかる !

問2
最終処分場がいっぱいになっても、新しい最終処分場を作ればよいので、特に困らない。東京都のごみ処分場は、現在のごみの量だとあと100年程度使用できる。

×

最終処分場には限りがあります。たとえば、23区のごみが埋め立てられている東京湾内の埋立処分場は、50年程度でいっぱいになってしまうと言われています。加えて、都内に新たな最終処分場を確保するのは難しいとされています。今の最終処分場を長く使っていくためには、埋め立てるごみの量を減らすことが必要です。そのためには、ごみの減量とリサイクルの促進が不可欠です。

☆参考文献:『東京都環境白書2017』P39

次の問題へ

ページトップ