このページの本文へ移動

みんなで守る、みんなの環境。

東京では、2018年、観測(かんそく)史上(しじょう)初の40℃を()える暑さを記録(きろく)し、2019年も29日連続(れんぞく)で最高気温30℃以上の真夏日(まなつび)が続きました。日本各地でも、経験したことのない豪雨(ごうう)による土砂(どしゃ)災害(さいがい)や、台風による大規模(だいきぼ)被害(ひがい)も発生しています。地球(ちきゅう)温暖化(おんだんか)を主な原因としたこれらの気候(きこう)変動(へんどう)の影響は、今や遠い世界、将来のものではなく、すでに私たちの身近な生活に(およ)んでいます。世界でも、多くの地域(ちいき)で巨大なハリケーンや(やま)火事(かじ)による被害(ひがい)食糧(しょくりょう)不足(ぶそく)など生活への影響のほか、命に関わる被害(ひがい)が発生しています。気候(きこう)変動(へんどう)は、世界中の人々にきわめて深刻(しんこく)な影響を(およ)ぼしており、世界全体が危機的(ききてき)状況(じょうきょう)にあると言えます。世界は今、こうした状況(じょうきょう)対応(たいおう)するために、大きく変わっていかなければなりません。

そうした中、東京都は、世界の大都市のひとつとして、世界の平均(へいきん)気温上昇(じょうしょう)を1.5℃に(おさ)えることに貢献(こうけん)するため、2050年までにCO2実質(じっしつ)排出(はいしゅつ)ゼロに貢献(こうけん)するための具体的(ぐたいてき)戦略(せんりゃく)である、「ゼロエミッション東京戦略(せんりゃく)」を策定(さくてい)しました。

ゼロエミッション東京の実現に向けては、行政(ぎょうせい)だけではなく、都民や企業など様々な人々が力を合わせていくことが不可欠(ふかけつ)です。CO2排出(はいしゅつ)は、私たちの生活と密接(みっせつ)(むす)びついていることから、私たち一人ひとりが、この気候(きこう)危機(きき)をきちんと認識(にんしき)し、気候(きこう)危機(きき)に立ち向かう行動を進めていかなければなりません。

ここでは、気候(きこう)変動(へんどう)の原因となっている地球(ちきゅう)温暖化(おんだんか)をはじめ、自然(しぜん)環境(かんきょう)資源(しげん)循環(じゅんかん)大気(たいき)水質(すいしつ)土壌(どじょう)といった4つの視点(してん)から環境(かんきょう)について学ぶことができます。世界で、東京で、今何が起こっているのか、何が求められているのか。そして都民であるわたしたちに何ができるのか。一緒に学んでいきましょう。

環境学習読本。今日に明日に未来につなげる、とうきょう環境PDFダウンロード(ファイルサイズ: 2.2メガバイト)

ページトップ